dezh-CNenfritjaruestr

オンボード ツールで Windows XP を修復する

投稿ページ

オンボード ツールで Windows XP を修復するパート 1

誰がそれを知りません! PC が起動し、何も動作しなくなります。
Windows ME、2000、および XP が導入されるまで、これは新規インストールを意味し、ほとんどの場合、かなりの時間と莫大なデータ損失が伴いました。
Windows XP では、多くの場合、破壊されたオペレーティング システムが恐怖を失いました。

次の XNUMX つのサポート ツールを使用できます。

1.システムの復元
2.回復コンソール
3. インストールの修復

 

 

1.システムの復元

Windows XP のシンプルだが非常に便利なツールは、システムの復元です。 これにより、オペレーティング システムを以前の時点で自動的にリセットできます。

24 時間後、インターネットからの Windows 更新プログラムの処理、署名されていないドライバーのインストール、Windows インストーラーを使用したソフトウェアのインストール、システムの復元時およびバックアップの復元時に、Windows XP は自動的に復元ポイントを設定します。 これらは手動ポイントで補うことができます。

エラーが発生した場合、これらの復元ポイントを使用して、システム状態を以前の時点に復元します。
システム リカバリには、[スタート] > [プログラム] > [アクセサリ] > [システム プログラム] からアクセスできます。 [コンピューターを以前の状態に復元する] オプションを有効にした後、[次へ] をクリックします。

次のステップでは、回復の予定日を選択します。
次に、もう一度 [次へ] をクリックします。

これで再起動が続きます。 その後、バックアップされたシステムが復元されます。 再起動後、リカバリが完了したことが通知されます。

{ジュミ [プラグイン/コンテンツ/ジュミ/de_cms_inContent_300x250.php]}
最後に、システム復元のヒント:

自動バックアップ間隔のタイミングを制御します。

既に説明したように、Windows XP は 24 時間後に自動復元ポイントを設定します。 この期間は変更可能です。
レジストリ ([スタート] > [ファイル名を指定して実行] > [regedit]) と次のパスを開始します。
HKEY_LocalMachineSoftwareMicrosoftWindowsNTCurrentVersionSystemRestore 探す。 RPGlobalInterval エントリ内 86.400秒、これは前述の 24 時間に相当します。
この値は、ダブルクリック後に変更できます。

復元ポイントを削除します。

右クリック 職場 > プロパティ. デバイス マネージャーが開きます。 オプションで システムの復元 エントリーです システムの復元を無効にする . 印をつけてから開いてください 適用します をクリックすると、以前のすべての復元ポイントが削除されます。 削除後、Windows XP が新しい復元ポイントを再度作成できるように、このポイントを再度無効にしてください。

ディスク容量を制限する:

またで デバイス マネージャー > システムの復元 システムの復元に使用できるディスク容量を指定できます。 デフォルトは 12% です。 これは、スライダーを動かすことで変更できます。 提供されたスペースが使い果たされると、Windows は自動的に最も古いポイントを上書きします。

システムの復元は、再起動後にのみ実行できます。

このエラー メッセージが表示された場合は、ファイルが原因です。 Wininit.ini . インストールまたはアンインストールが不完全であることを示します。
問題が頻繁に発生する場合は、このファイルを見つけて名前を変更してください。 これは、Windows フォルダーにあります。

 

これでシステムの問題が解決しない場合は、パート 2 - 回復コンソールに進みます。

 


2.回復コンソール



Windows XP が通常モードでもセーフ モードでも起動できない場合は、修復が付属しています。
パート 1 で説明したシステムの復元は、もはやオプションではありません。
ただし、この場合の Windows XP には実績のあるツールもあります。


2.回復コンソール
回復コンソールを起動するには、Windows インストール CD を挿入し、必要に応じてブート プロセスを CD ドライブに割り当てる必要があります。
セットアップ画面に到達すると、コンソールは R 始めました。

もう XNUMX つのオプションは、永続的なインストールです。

これに関する情報は、ヒントに記載されています。

回復コンソールのインストール、使用、およびアップグレード


ただし、回復コンソールを使用する前に、
セット変数はオーバーライドされます。
これを行わないと、ファイルを編集できません。
この制限がどのように解除されるかは、上記のヒントにも記載されています。

そうですか? 変数を設定 ロックが解除されると、それ以降のすべての制限は回復コンソールで直接削除できます。
フォルダーまたはファイルの直接処理が必要な場合、これはコマンドで実行されます AllowAllPaths = True を設定 .
リムーバブル メディアへのアクセスが必要な場合は、コマンド set AllowRemovableMedia = True が必要です。

その後、zにアクセスします。 B. フロッピー ディスク可能。

さらに、回復コンソールではプレースホルダーを使用できません。
この制限は s で回避されますet AllowWildCards = True .
その後、プレースホルダーの使用が再び許可されます。
壊れたオペレーティング システムの原因がドライバーにあると疑われる場合、これは次のコマンドで識別されます。 (名前) を無効にする オフ。 無効にしても問題が解決しない場合は、次のコマンドでドライバーが起動されます。 (名前) を有効にする 再びオンにしました。

{ジュミ [プラグイン/コンテンツ/ジュミ/de_cms_inContent_300x250.php]}

ブート構成の修復:

多くの場合、エラーの原因は マスターブートレコード(MBR)。 コマンドプロンプトから修復が行われます FIXMBR .
Enter キーを押すと、プログラムは MBR をチェックします。
ここで与えられたヒントは J と Enter で確定します。
ただし、注意してください: fixmbr コマンドは、DOS の fdisk / mbr に対応します。
ブート マネージャのエントリも失われる可能性があります。
不正な起動のもう XNUMX つの理由は、多くの場合、ブート セクタの破損です。
これは、fixboot c: コマンドで更新できます。

その他のコマンド:

bootcfg /リスト
現在の起動構成の概要

bootcfg /スキャン

プログラムをスキャンして、実行不可能なものを含む Windows インストールを特定します。

bootcfg / rebuild
新しい開始構成がまとめられ、「j」と Enter で受け入れられ、「A」で統合されます。
開始構成は上書きされず、新しいエントリまたは不足しているエントリのみが追加されます。

リストVC
含まれているすべてのドライバーのリスト。 トラブルシューティングに大いに役立ちます。

また、よく知られたコマンド CHKDSK 回復コンソールに再び表示されます。
これは、障害のあるハードディスクをチェックするために使用できます。 パラメータを追加入力することで r ハードディスクエラーの可能性が修正されました。
正常なドライブのマーク付けを回避するには、パラメーター p 使用しています。
したがって、完全な修正コマンドは次のとおりです。 chkdsk /p/r .
入力することで 助けます すべてのコマンドを表示できます。

ただし、このコマンドは引き続き調整できます。 たとえば、次のように入力します。 コピーを助ける コピー コマンドの動作について説明します。

入力することで 出口 回復コンソールが終了します。

これでもシステムの問題が解決しない場合は、パート 3 - 修復インストールに進みます。





3. 修理インストール



システムを保存するための以前の試みがすべて失敗した場合、XNUMX 番目の、最後で最も効果的なオプションが利用可能です。
修理インストールの可能性。 レジストリの変更によって完全に破壊されたオペレーティング システムでも、この方法で保存できます。

ここでは、Windows XP の完全な基盤が一新されます。 すでにインストールされているすべてのドライバーとアップデートは失われ、修復が完了した後に再インストールする必要があります。
ただし、新規インストールとは対照的に、すべてのプログラム、アプリケーション、およびマイ ドキュメントはそのまま残り、修復後も完全に機能します。

{ジュミ [プラグイン/コンテンツ/ジュミ/de_cms_inContent_300x250.php]}
 

3. 修理インストール

CD ドライブが BIOS で最初のブート ソースとして選択された後、コンピューターは Windows インストール CD で起動されます。
回復コンソールと同じセットアップ画面が表示されます。
ただし、ここで Enter キーを押して、[Enter キーを押して Windows XP を今すぐインストールする] パラメータを選択します。 次に F8 で EULA を確認します。
表示が出ます 次の Windows XP インストールのいずれかが破損している場合、セットアップはそれらの修復を試みることができます。 .
これで、破損したインストールが選択されます。
コマンド R キーを押して、選択した Windows XP インストールを修復します が走っています。

次のセットアップ ルーチンは、新規インストールの場合と同じです。
有効なシリアル番号も入力する必要があります。

 

コメント.png
コメントを読む.png



________________________________________________________
このヒントの由来は www.win-tipps-tweaks.de
©著作権マイケル・ヒル

警告:
レジストリ エディタまたはヒントを誤って使用すると、システム全体に影響を及ぼし、オペレーティング システムの再インストールが必要になる重大な問題が発生する可能性があります。レジストリ ファイルの変更およびヒントの使用は、自己責任で行ってください。

 

最近のフォーラム投稿

調査

Survey2.png
ウイルス対策プログラムとは
使いますか?

ボタン選択
お使いのルーターはどこのメーカーですか?
ボタン選択
あなたにぴったりのタブレットは、Surface、iPad、Nexus のどれですか?
ボタン選択